はれぶた@SWer

1/3ページ
  • 2020.05.10

仕事を「辞めたい」ではなく「辞める!」と叫ぼう

ここのところ仕事に対するモチベーションが下がりすぎて、「(仕事を)辞めたい」が口癖だった。 昔からそうなのだが、私はモチベーションが下がっている時にひとり暮らしの部屋で「辞めたい」と独り言を発する。この独り言が多ければ多いほど、モチベーションは下がっていて、精神的に不安定な状態なのである。 余談ではあるが、本当に精神的に参っていた時に、誤って職場で「辞めたい」と独り言を発してしまって、場の空気を凍 […]

  • 2020.05.07

「給料のため」に支援・援助する福祉職の本音

私の仕事のモチベーションは「給料」だ。 給料を貰っている以上中途半端な労働はできないと思っているし、自分が給料の価値以下だと思う労働はしたくない。 福祉の世界にいると、「困っている人を助けたい」とか本気で言っている人に出会うことがある。 そして、そういう方は必ず「給料」をモチベーションに掲げる私みたいな奴を頭ごなしに否定してくる。もう慣れたのだけど。 まぁ、そもそもなんで給料がモチベーションなのに […]

  • 2020.03.01

交通事情で一般就労を諦めないといけない田舎の恐ろしさ

今年の2月9日、私の愛車スイフト(MT車)が故障した。 昨年12月に車検を通してまだ2か月。車検費用16万円。 そんなスイフトがクラッチ摩耗によってシフトが入らなくなった。 修理費は、オーバー10万円は免れない。 購入して8年。走行距離17万キロ。来るべくして来た寿命。 その日のうちに、廃車にする決意を固めた。 なので、次の車が納車になるまでの間、車がない生活を送っている。 「車なんて無くても生活 […]

  • 2020.02.14

「震災前・震災後」で時代背景を共有しようとする被災地の異質性

私は、東北地方の太平洋側沿岸に住んでいる。 ご存知の通り、東日本大震災で甚大な被害を受けた地域である。 私の地元は本当に小さな町だ。 狭い湾に囲まれた海。学校帰りに水着をもって海に寄り道した懐かしい思い出。この町の男達は何故か車に釣竿を積んで、仕事帰りに釣りに出かける。 風力発電の風車が勢いよく回る山。春になればつつじで真っ赤に染まり、夜には今にも空から落ちてきそうなほどよく見える満点の星。人間の […]

  • 2020.02.12

「なんでも知ってるように振舞う人」が嫌いな私 いつも心に「不知の自覚」

「なんでも知っているように振舞う人」が嫌い。 「なんでも知っているように振舞う人」って、遠回しに「あなたより知っている」ことを主張して、自分が相手より優位だと思い込まないと安心して生活できないのだろう。 私は無知なので、よく質問をする。 「なんでも知ってるように振舞う人」は、それに関連する話をだらだらだらだら喋った挙句に、こっちが質問した内容からズレた解答をする。 自分の知識量を見せつけたいあまり […]

  • 2020.02.11

【就労B型】工賃は高いに越したことはないけど

私は、就労継続支援B型の事業所で働いている、社会福祉士・精神保健福祉士です。 ところで、「就労継続支援B型」をご存知ですか? 就労継続支援B型について、下記の記事で簡単に説明しているので、気になる方はご参照ください。 最近、就労継続支援B型(以下、B型)は「工賃が低い」と話題になることが多いです。 ちなみに、全国のB型を利用されている方が1か月あたりに受け取る工賃の平均額が16,118円(平成30 […]

  • 2020.01.30

社会福祉士試験に落ちたのに合格した話(だから、あきらめないで)。

私は、第31回社会福祉士試験と第21回精神保健福祉士試験を同時に受験しました。 まだ、東北福祉大学の通信教育学部4年次に在学していた時のこと。 そもそも、大学を卒業できるかも確定していない中でのW受験。 試験の直前まで大学の単位取得のためスクーリングや単位修了試験に走り回っていて、周りは試験対策をガンガン進めている中で焦りと孤独を感じていたことよく覚えています。 単位を落とそうものなら留年確定で、 […]

  • 2020.01.28

「自分らしい支援」という言葉が、どうしても苦手。

「憧れの人」を聞かれたら、山里亮太と答える。 南海キャンディーズの山ちゃん、と言った方が分かりやすいだろうか。 日本中に衝撃を与えた、蒼井優との結婚記者会見。 終盤で蒼井さんから出た、「山里さんの仕事に対する姿勢を本当に尊敬しています」の言葉。 私は山里さんにお会いしたことも直接話したこともない。 しかし、なぜだろう。 彼がパーソナリティを勤めるラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』や、著書『天才はあ […]

  • 2020.01.27

始まりは、「なんで怒らないの?」の一言。

私は、サウナが好き。 夜にテレビ東京系のドラマ「サ道」という、登場人物がただサウナに入るだけのドラマを見て影響され、翌朝一番でサウナに行くぐらいには好きだ。 サウナは、自分の弱さに向き合う時間と言っていい。 自分が設定した目標時間の前に訪れる限界。 その中で始まる「続けるか、出るか」の葛藤。葛藤が生まれる自分の弱い心を感じながら、達成感を求めて闘い続ける。 闘いが終わった後にもたらされる水風呂とい […]

  • 2020.01.26

福祉と学歴・資格―大学生と福祉職の対立

全く上がらないモチベーション。 年が明けると同時に今年の目標を決め、部屋に貼りつけ、毎日眺めている。 本を毎月4冊読もうとか、毎週ブログを更新するとか、小手先思考を捨てるとか。そんな数多くの決意と熱い思いを、A4用紙にまとめたのに。 現実は仕事から帰り、エアコンをつけ、コーヒーを入れ座椅子に身体を預ける。そのままスマホ(Google Pixel 3a)とにらめっこ。 新年特有の「何か新しいことを始 […]

1 3