2/2ページ

2/2ページ
  • 2019.11.07

支援に怒りは必要ない! そう断言できるたった1つの理由

福祉の仕事をしていると、利用者に対して怒りをぶつける支援者に出会うことがあります。 「福祉の仕事は感情労働」だから、利用者に支援者の感情をぶつけることも必要だと考えている支援者もいるようですが、果たして本当にそうなのでしょうか。 今回は、「支援に怒りは必要ない」むしろ不適切である理由についてお伝えします。

  • 2019.11.03

障害者アート・推進法 普及が難しい3つの原因

平成30年7月5日。障害者文化芸術活動推進法が衆議院本議会の全会一致で可決となった。 障がいを抱える方々が作成する、いわゆる「障害者アート」が、その創造性の高さから海外では注目を集める風潮が生まれている。障害者文化芸術活動推進法は、日本も海外の取り組みに倣い、国内外での障害者アートの普及を目指すことを目的としている。

  • 2019.11.01

2年でOK? 社福士・PSW 最短W受験の方法

社会福祉士・精神保健福祉士は、日常生活での相談を受けて、援助をする国家資格です。 福祉の世界では、取得することで仕事の幅が広がる、待遇が良くなるなどのメリットがあります。そのため、働きながら資格取得を目指す方が多いです。 最近では、両方の資格を取得している「ダブルライセンス」の方をよく見かけます。 ダブルライセンスと聞くと、社会福祉士で2年、精神保健福祉士で2年、最短でも合計4年かかると考える方が […]

  • 2019.10.31

通信福祉大に入学したたった1つの理由

私は、平成28年4月に某福祉大学の通信教育部に3年次編入しました。 最終学歴が短期大学卒業で、当時取得した単位を読み替え大学3年生からのスタートです。当時27歳だったのですが、どうしても疑問に思ったことを追求せずにはいられませんでした。 「利用者主体」とは何か?という疑問 当時障がいを抱える方々の相談援助業務に携わっていたのですが、業務の中で「支援は十人十色でいい」とか、「支援に正解はない」という […]