結局福祉ってよく分かんねぇや

福祉は自分で定義するものらしい

結局福祉ってよくわかんねぇや

平成29年 都道府県障害者雇用率でランキングを作った

f:id:potate0023:20181021215120j:plain

なんだか世の中では、障がい者雇用が注目されているようだ。

 

「障害者雇用促進法」という法律ができてから、企業側も躍起になって取り組んでいるらしい。平成30年度には精神障害者雇用義務化によって、また法定雇用率が上昇する。そうすれば、また障がいを抱える方の採用の動きが、活発になるに違いない。

 

 

また、採用だけでなく、長く働けるようにサポートする新たな障害福祉サービス「就労定着支援事業」も来年4月から始まる。

 

NHK Eテレ『バリバラ!』でも実際の就労の様子が取り上げられたり、全従業員の3分の2以上が障がい者雇用である日本理化学工業がメディアで話題を集めたり。

 

ここ最近の注目されっぷりがすごい。

 

ところで皆さん。皆さんの周りで障がい者雇用って進んでいますか?そんなこと急に聞かれても分かりませんよね。

 

実は今日、時間があったので、平成29年6月1日に行われた障害者雇用状況調査をもとに、47都道府県を障がい者雇用率で順位付けしてみました

 

これを見ると、不思議な結果が見えてきました。

さっそく、順位をご覧ください。

 

f:id:potate0023:20180117222021j:plain

お気づきでしょうか。上位20位以上を見るとわかりやすいのですが・・・。

実は、「障がい者雇用が進んでいるのは、西日本に偏っている」のです。

 

ちなみに、上位20位中、西日本(近畿、中国、四国、九州)は18か所。東日本(北海道、東北、関東、中部)は2か所のみ。こうまで差が開くのは不思議でならない。

 

調べてみたものの、その理由は見つかりませんでした。もし知っている方がいたら教えてください。

 

でも、西日本は行政が積極的に障がい者雇用に力を入れているのが分かる。1位の奈良県なんて、

 

www.pref.nara.jp

県に障がい者雇用の担当部署があるくらいだもん。障がい福祉って広い枠組みの中のひとつではなくて、個としてとらえて取り組んでるなんて素敵。

 

素晴らしいよ行政。がんばれ行政。

 

西日本の方が障がい者雇用の実績が挙がっている理由について、私は、西日本の方がキリスト教の文化が根付いており、その宗教的価値観を持つ方々の協力が大きかったのではないかと、仮設を立てています。

 

本当かどうかは、分かりません。