結局福祉ってよく分かんねぇや

福祉は自分で定義するものらしい

結局福祉ってよくわかんねぇや

本当に発達障害? 瞑想を試して欲しいたった1つの理由

f:id:potate0023:20181021213309j:plain

近年、「発達障害ブーム」が到来しています。

世間的に発達障害のイメージが広がって、発達障害を疑って病院を受診する方が急増しています。もちろん、受診が増えているので、発達障害の診断を受ける方も増えています。

発達障害は、服薬で治療します。平たく言えば、脳内物質を服薬で調整して、パニックやイライラを起こりにくくします。でも、服薬を中断すれば元通り。つまり、対処療法であって根本療法ではないわけ。

最近、仕事とか生活がうまくいかなくて「発達障害かも」なんて自己判断している方が多い。確かに、専門のお医者さんに診てもらえば納得する診断結果を得られるかもしれない。でも、知ってる?今、発達障害の診断を受けるために、受診が1か月待ちとか当たり前らしい。

受診を長い間待つ前に、ちょっとためしてもらいたいことがある。それが「瞑想」なんです。

 

瞑想って、何するの?

selfquest.hatenablog.com

 

簡単に言うと、呼吸に集中して何も考えないようにする。足を組み、背筋を伸ばし、右手の上に左手に乗せ、親指をつける。その状態で、視線を半畳先に落とす。その状態で呼吸に集中し何も考えないようにするのである。何か頭に浮かんで来たら、呼吸に意識を集中し、思考を切るイメージ。はじめは5分ほどから始めるとよいでしょう。

瞑想をした後には、頭と心がすっきりしている感覚が残ります。このスッキリ感が、心の健康にとても効果的なのです。

瞑想の方法は、人によってまちまちなので、本やネットで調べつつ、自分に合った方法を探すとよいでしょう。

 

「発達障害かも」、本当に「発達障害」?

「発達障害かも」と感じている人の多くは、パニックに陥りやすいとか、作業の同時進行ができないとか、嫌なことに集中してしまい気分が落ち込んでしまう、などの症状をピックアップし、自分に重ねているのではないでしょうか?しかし、それ。本当に発達障害なのでしょうか?

発達障害は脳の障害で、生まれたときからすでに発症している先天的な障害と言えます。しかし、先天的な障害がなくても、発達障害に似たような症状がでる場合があります。それは、「性格がネガティブすぎる場合」です。

「ただのネガティブかよ」と思った方。侮るなかれ。性格はその人の今までの経験から形成されます。ネガティブすぎる方は、ネガティブになってしまうようなマイナス経験を山ほど積んできた方なのです。

マイナス経験が多いために、自己決定に自信を持つことができず、また否定されることを恐れ、常に人の目を気にし、周囲に合わせて過ごすようになってしまいます。その結果、選択肢が多いと自分で選択できずパニックになってしまったり、人との関わりに苦手さを感じるなどの「思考のくせ」が出来上がってしまい、発達障害に似た困りを抱えるようになるのです。

「発達障害かも」と思っている方、それは発達障害ではなく、「ネガティブすぎる性格」ではないですか?

 

「発達障害かも」と「瞑想」

結論から言うと、発達障害に似た症状を持つネガティブすぎる性格を改善するために、「瞑想」が効果的です。なぜなら、先述したネガティブすぎる性格の「思考のくせ」を「瞑想」が矯正する効果があるのです。

簡単に言うと、瞑想は「今、その時に集中する力」を養ってくれます。ネガティブな性格の方は、何かに取り組む時に、過去のマイナス経験を思い出し、緊張や落ち込み、パニックなどが起こってしまいます。瞑想することは、過去のマイナス経験を思い起こすことなく、今その時に集中し取り組む力を養ってくれます。

瞑想は、「マイナス経験を今の繋がりを断ち切る訓練」になるのです。

ちなみに、瞑想だけではありません。1つのことに意識を集中し、持続させることすべてが「マイナス経験を今の繋がりを断ち切る訓練」に繋がります。瞑想以外の方法としては、「高速音読」がおすすめです。集中力が高まるだけでなく、滑舌がよくなり、コミュニケーションのトレーニングにもつながります。

 

しかし、「発達障害かも」と思っている人は「瞑想」をしない

これ、ちょっとおもしろい話なんですけど、ネガティブすぎる性格の人に瞑想を勧めても、ほぼ全員がやらないと思います。

なぜかというと、過去のマイナス経験のせいで「新しいことに取り組んでも、自分は変わることができない」と考えてしまう「思考のくせ」が出来上がってしまっているからです。「変わりたい」と思っているはずなのに、マイナス経験によって出来上がった思考のくせが、「変わることなんてできない」という考えに導いてしまう。

「やったことがないんだから、やってから考えればいいじゃん」なんて、通用しません。それだけ、ネガティブすぎる性格の人は苦しんで生きてきたんです。そのことを、しっかり理解しましょう。

 

それでも僕は、「瞑想」をすすめる

いつかどこかでマイナス経験による思考のくせから脱却しないといけない。それなら、今から脱却してみない?今まで本当につらい経験を重ねてきたのかもしれないけど、何もせずにいたって、状況は変わらないよ?

ちょっとでもプラスを感じたいなら、「マイナス経験を今の繋がりを断ち切る訓練」、ぜひ取り組んでみてほしい。

僕は、瞑想と高速音読、ゼロ秒思考でだいぶ思考のくせが落ち着いたから。試してみてほしい。