結局福祉ってよく分かんねぇや

福祉は自分で定義するものらしい

結局福祉ってよくわかんねぇや

障害者雇用の不安解消!ジョブコーチ支援 3つの特徴

f:id:potate0023:20181021211339j:plain

 

「就職したいけど、久しぶりの就職で働くことに自信がない。」

「初めての就職で、周りの人とどうかかわっていいかわからない。」

「就労支援系事業所で支援を受けながら作業はしてきたけど、働くって―。」

 

障がいを抱えながら一般就労を希望する方にとって、「就職」には希望と共に大きな不安がついてくるでしょう。今までの環境が一変するのですから、無理もありません。

就職後の困りや不安を抱える方にとって、就職後の支援する役割は非常に重要です。このように、就職後に長く働くことができるよう、本人と企業の相談に対応し、働きやすい環境を整える支援を「職場定着支援」と言います。

「職場定着支援」の役割を担う担当者は複数います。その中でも「ジョブコーチ(職場適応援助者)」という名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

今回は、精神障害者雇用義務化によって注目されている「ジョブコーチ」について解説します。

 

 

ジョブコーチとは?

 

職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業について

 

【目的】

職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業は、職場にジョブコーチが出向いて、障害特性を踏まえた直接的で専門的な支援を行い、障害者の職場適応、定着を図ることを目的としています。

 

【ジョブコーチ支援の内容】

  • ジョブコーチ支援は、一般的・抽象的なものではなく、対象障害者がその仕事を遂行し、その職場に対応するため、具体的な目標を定め、支援計画に基づいて実施されるものです。
  • 障害者本人だけでなく、事業所や障害者の家族も支援の対象とします。
  • ジョブコーチが行う障害者に対する支援は、事業所の上司や同僚による支援(ナチュラルサポート)にスムーズに移行していくことを目指しています。

www.mhlw.go.jp


(出典:職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業について)

 

 

ジョブコーチ支援を簡単に説明すると・・・

支援対象者が就職した企業に赴き、対象者が長く働くことができるように、対象者、企業、家族などの相談にのりながら、就労や生活の環境を調整する支援。最終的には、フェードアウトする。ちなみに無料で利用できる。(100字)

f:id:potate0023:20180407003458g:plain

(出典:職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業について(厚生労働省)) 

 

ジョブコーチ支援の特徴

①職場に「慣れる」ための支援が主な内容

ジョブコーチは、対象者が職場に慣れるための支援を行います。そのため、就職直後は集中的に支援しますが、対象者が職場に慣れてくると、徐々に訪問の頻度を減らし、フェードアウトしてきます。このように、支援の介入を最小限にとどめて、対象者と企業の関わりを大切にする支援を「ナチュラルサポート」と言うことがあります。

対象者にあった就労環境が整い、職場で対象者の理解が進めば、自然と対象者は職場に慣れていくでしょう。そのための環境を整えたり、仕事についての助言や指導をすることがジョブコーチの役割と言うことができるでしょう。

 

②対象者に応じた支援計画を立ててくれる

ジョブコーチ支援が開始される前に、対象者の状況を確認した上で「支援計画」を立てます。支援計画が立てられることで、ジョブコーチがどのような支援を、誰に、どれぐらい行うのか明確になります。支援の対象は、対象者だけでなく、就職先の企業や家族も含まれます。

家族が含まれるのには訳があって、企業は生活上の困りや悩みの解決は基本的に行いません。なぜなら、「生活上の問題は自分で解決する」ことが就職の前提になっているからです。例えば、体調管理は自分でしなければなりませんし、朝起きられず遅刻してしまうことがあると、遅刻した本人の責任になってしまいます。そのような「生活上の問題」をサポートしてくれる存在が「家族」になるのです。

支援計画によって、支援の開始前に内容を確認できることで、対象者、企業、家族など支援に関わる方々の安心につながります。また、支援計画で事前にそれぞれの困った時の対応方法を確認することができます。

 

③障がいの特性に応じた助言をしてくれる 

 ジョブコーチは、対象者の障がい特性に応じた助言をしてくれます。これは、対象者の相談を受ける際に適切な助言をもらえるメリットがあります。しかし、ジョブコーチの助言の効果は、対象者だけでなく、企業にも大きな効果をもたらします。

対象者の理解を職場に促す役割として、ジョブコーチは大きな力を発揮します。ジョブコーチ支援を利用せず就職すると、職場の皆さんはどのように配慮していいか分からず、結果本人と職場に距離が生まれ、本人がなじめずに職場を早期離職してしまうことがよくあります。しかしジョブコーチを利用することで、対象者の障がいへの理解を適切に促すことができるため、人間関係での職場不適応が起こるリスクを下げることができます

 

ジョブコーチはどこにいる?

ジョブコーチが必ずいる機関は、「地域障害者職業センター」です。地域障害者職業センターは各都道府県に設置されていて、障害者に対する専門的な職業リハビリテーションサービス、事業主に対する障害者の雇用管理に関する相談・援助、地域の関係機関に対する助言・援助を実施しています。地域障害者職業センターに相談することで、ジョブコーチ支援を受けることができます。

また、お住いの地域によっては、障がい者向けの就労支援を行っている社会福祉法人や特定非営利活動法人で、ジョブコーチを配置し支援を行っている場合があります。しかし、中にはジョブコーチが配置されていない地域も多いので、事前に情報を確認する必要があります。

最近では、企業の中にジョブコーチが配置されていることもあります。しかし、ジョブコーチが配置されている企業はまだまだ一握りです。地域障害者職業センターからの派遣や地域のジョブコーチの利用が現実的といえるでしょう。

 

ジョブコーチを利用するためには

 ジョブコーチを利用したい際は、ハローワークまたは就職をサポートしている支援機関に相談するとよいでしょう。

支援機関では、就労支援系事業所(就労移行支援事業、就労継続支援A型、就労継続支援B型)や障害者就業・生活支援センターに相談すると、ジョブコーチの利用まで繋いでくれます。

ジョブコーチは、利用を希望して翌日すぐ利用できるものではありませんので、利用を希望するのであれば、できるだけ早めにその希望を担当者に伝えておくとよいでしょう。

 

 

ジョブコーチはぜひ利用した方がいい

もし特段の理由がなければ、ジョブコーチは活用した方がよいでしょう。

というのも、ジョブコーチを利用した場合の支援対象者の6か月後職場定着率(平成27年度)は、87.3%となっています。同年度の障害者対象求人の6か月後職場定着率がおよそ80%であることからも、その職場定着への効果の高さがうかがえます。

また、対象者本人の安心だけでなく、企業や家族といった、対象者に関わる周りの方の安心にもつながります。そして、そのような専門的な支援を無料で利用できるので、利用するに越したことは無いでしょう。

支援は「転ばぬ先のつえ」です。もしもの時に備えて、活用しておくというぐらいの軽い気持ちでつながりをもち、いつでも相談できる場所を準備しておくとよいでしょう。